日本のスポーツ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数552
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     現在日本ではスポーツブームである。単にスポーツといっても幅は広いが、日本のスポーツは目覚ましい発展をしている。1964年の東京オリンピック以降スポーツに対する見方が変わった。プロ契約選手が増え、また企業に所属している選手へ待遇がよくなり、アマチュアという枠からアスリートという枠へ移行していった。
    野球のイチロー、松井、井口、サッカーの中田、中村、小野、マラソンの野口など海外で活躍する日本人プレーヤーは少なくない。かつて日本人選手といえば手足が短くあまり国際大会ではライバル視されてなかったが、水泳の北島、陸上の為末などはその常識を打ち破った。日本人プレーヤーが目指すところはもはや日本一ではなく、世界一なのである。スポーツができる環境は数十年前より遙かに整った。日本のスポーツも世界基準に追いついてきたのである。
    また逆に海外の選手が日本でプレーすることもある。たとえば日本の国技である相撲では幕内力士の約三割が外国人力士である。モンゴル出身の朝青龍やブルガリヤ出身の琴欧州などは今低迷している相撲をまた盛り上げている。このようにそれぞれの舞台で活躍するスター選手らは将来を夢見る子供たちの希望..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。