学校教育職入門

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数309
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『現代の「教師に求められる資質とは何か」についてまとめなさい。』
    教師とはいったい何かを考えた時、人にものを教える人を教師というならば、万人が万人に対して教師ということになる。しかし一方で、現在には教えることを生業にした人が存在するのも事実である。教員と教師が意味することは違い、教員は、近代教育制度によって制度化された学校において、公的に認定された資格を持って、意図的、計画的、専門的に教育活動に携わる公職者をいう。これに対して教師とは、その人の人格が、児童・生徒に肯定的な教育作用を及ぼすと考えられる場合に用いることが多いのである。そこで、これからの教師に求められる資質能力は主に「いつの時代であっても求められるもの」と「今後特に求められる具体的資質能力」の二つに分けられる。前者の資質能力は一般的資質能力と言われ、専門的職業である「教職」に対する愛着、誇り、一体感に支えられた知識、技術・能力等の総体という意味を持ち、「素質」とは区別され後天的に形成可能なものと解される。一方後者は未来に生きる子どもたちを育てるにあたり、「地球的視野に立って行動するための資質能力」、「変化の時代を生きる社会人に求められる資質能力」、そして「教員の職務から必然的に求められる資質能力」の3つの具体的な資質能力が求められている。3つ目については、さらに細かく「幼児・児童・生徒や教育の在り方に関する適切な理解」、「教職に対する愛着、誇り、一体感」そして「教科指導、生徒指導等のための知識、技能および態度」が求められているのである。
    まず、いつの時代も求められる資質能力において、教員の活動は、人間の心身の発達にかかわるものであり、子どもたちの人格形成に大きな影響を及ぼすものである。よって教育者としての使命感、人間の成長・発達についての深い理解、子どもたちに対する教育的愛情、教科等に関する専門的知識、広く豊かな教養、そしてこれらを基盤とした実践的指導力が必要なのである。例えば興味深く、わかりやすい授業を行うことも挙げられる。生徒自らの日常生活の問題に役立つ知識を身につけさせ、生徒にとって興味深くわかりやすい授業をするには、小手先の技術を振り回すだけでは不十分である。自分の専門分野について深い知識をもつのはもちろん、その知識を生徒にわかりやすく伝えるための具体例を用いるなど、生徒に「実用的で自らの生活を向上させるための新たな知識を学ぶことの面白さ」「考えることの楽しさ」を伝えられることが大切なのである。
    しかし、教職の専門性については、指導案の書き方や板所の仕方など技術的な面ばかり言われていることが一般的には多いが、それだけでは教師の資質としては不十分である。それに、学校教育の直接の担い手である教師の活動は、人間の心身の形成に大きな影響を及ぼすものであり、責任は重大である。そこで、このような一般的資質能力を前提としつつ、今日の社会の状況や学校・教員をめぐる諸問題を踏まえた時、これからの教師には、変化の激しい時代にあるので、子どもたちに「生きる力」を育む教育を授けることが期待される。すなわち、未来に生きる子どもたちを育てる教師には、主に次の3つの能力を求められているのである。
    これらを前提に、当然のこととして、教職に直接関わる多様な資質能力を有することが必要と考える。
    まず「地球的視野に立って行動するための資質能力」がある。つまり「個人と地球や国家の関係についての適切な理解ができる」、そして、「人間尊重・人権尊重の精神、男女平等の精神や思いやりの心を持ち、それを子どもたちに伝え、実際に行

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『現代の「教師に求められる資質とは何か」についてまとめなさい。』
    教師とはいったい何かを考えた時、人にものを教える人を教師というならば、万人が万人に対して教師ということになる。しかし一方で、現在には教えることを生業にした人が存在するのも事実である。教員と教師が意味することは違い、教員は、近代教育制度によって制度化された学校において、公的に認定された資格を持って、意図的、計画的、専門的に教育活動に携わる公職者をいう。これに対して教師とは、その人の人格が、児童・生徒に肯定的な教育作用を及ぼすと考えられる場合に用いることが多いのである。そこで、これからの教師に求められる資質能力は主に「いつの時代であっても求められるもの」と「今後特に求められる具体的資質能力」の二つに分けられる。前者の資質能力は一般的資質能力と言われ、専門的職業である「教職」に対する愛着、誇り、一体感に支えられた知識、技術・能力等の総体という意味を持ち、「素質」とは区別され後天的に形成可能なものと解される。一方後者は未来に生きる子どもたちを育てるにあたり、「地球的視野に立って行動するための資質能力」、「変化の時代を生きる社会人..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。