日本の地方分権改革の流れ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数837
ダウンロード数7
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本の地方分権改革の流れ
    欧米各国の中央・地方関係については、これまで、中央政府への分権化の程度に着目して、アングロ・サクソン型と大陸型との基本的な二類型が対比されてきた。さらに、このような分権と集権と言う二類型の基本的区別に加えて、中央政府と地方政府との間で行政事務の配分は明確に区別されているかという分権と融合の整理軸からアングロ・サクソン型を分権・分離型、大陸型を集権・融合型とする分類方法が見られる。
     しかしながら、アメリカだけでなく、ヨーロッパの国々においても、共通して中央政府機能の拡大が見られるようになり、それに伴って、中央集権化の傾向が強まってきたことから、アングロ・サクソン型と大陸型の二類型の基本的な差異は以前よりも縮小している。とりわけ、第二次世界大戦後、各国が福祉国家への道を歩み始めるようになると、大陸型の国々でも中間レベルの政府を完全自治体に改める改革が行われる一方で、アングロ・サクソン型の国々でも、国の事務を地方に委任する方式が活用されるようになったために、両類型の対照性はより一層希薄化している。
     さらに、福祉国家の形成は、中央政府機能の拡大・強化だけではなく地..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。