日本最大のレポートサイト HAPPYCAMPUS

検索オプション
  • 私のホーム
  • 私の資料
  • 管理ツール
  • 資料広場
  • アップロード

ゴッホ~生涯と感性の変遷~

540 販売中
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数2,408
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    有名な画家の一人としてゴッホははずせない。ゴッホが耳を自分で切り落とした話やその自画像、またひまわりの絵は有名である。ここではゴッホの生涯とゴッホが取り上げたテーマについてみていく。
    ゴッホが芸術活動を始めたのは27歳になってからであった。貧しい家の長男として生まれた彼は、16歳になると父方のセント伯父が経営に参加している大手の画廊、グーピル紹介バーグ支店に勤務するようになる。その後ロンドン支店に転勤になり、そこで下宿先の娘に恋をしてしまう。しかし、その娘にはすでに思いを寄せるドイツ人の若者がおり、最初から恋はかなわぬものであった。初恋に傷ついたゴッホはその痛手を癒すすべを知らず、自暴自棄気味になり画廊勤めから落ちこぼれるに身を任せてしまった。いつまでも初恋を引きずっているうちに周囲には時が流れ、気がつくと自分だけがそこから取り残されていた。ゴッホはそれまでのことがうそのように突然さめてそこを去ることがたびたびあった。その後いくつか職を変えるがうまくいかず、そのうちゴッホは聖書を読みふけるようになる。聖職者の道を夢見るようになった彼は、伝道助手の資格をとるという方法を選んだ。しかし、極端な犠牲的献身が地元協会の反発をかい、見習い期間の六ヶ月が終えたところで解雇され、志半ばにして余儀なく断念しなければならなかった。ゴッホが二十六年かかって最後にたどり着いたところが絵画の世界であった。
     ゴッホが芸術活動を始めたころほかの画家たちのデッサンや複製作品、特にジャン=フランソワ・ミレーの作品の模写をはじめた。農民の生活を描いたミレーの絵を、宗教的情熱につかれたと言っていいほどに尊重したのである。ヌエネンに着いてから、ゴッホは農民の生活を描く画家になることに専念しようと決心し、町で見出した人物をモデルに使って職工の秀作を製作し、生涯を通じて農民の生活と下層階級の人々に注意を集中することをやめることはなかった。ゴッホの最初の傑作『馬鈴薯を食べる人々』(※1)が1885年4月下旬に完成、続いて《田舎家》などの絵が描かれた。『馬鈴薯を食べる人々』では、ぎこちない遠近表現、一貫性にかけた空間構成が、緑がかった黒の作り出すこの情景の不気味な感じを強めている。また、『田舎家』では、農民の住まいを称えた。その主題はオーヴェール時代まで彼が熱心に取り組む主題である。ゴッホは麦の収穫の様子を数多くデッサンしているが、この主題がその後の年月にも繰り返しゴッホの注意をひきつけ、傑作を生み出すことになる。
    その後、ゴッホはパリへと向かい印象はの画家たちは1885年印象主義と新印象主義の画家、ポール・シニャック、ジョルジュ・スーラ、特にポール・ゴーガンと親しく行き来するようになった。彼らの作品の真の意味と重要性をすばやく理解したゴッホは、彼らの描き方を一時的ではあったが模倣した。またそのころ、パリでは浮世絵が大流行していたが、その浮世絵がゴッホの画歴に決定的で永続的な影響を及ぼすことになった。ゴッホは日本の芸術の根底になる美の理を理解しようとして、そうした浮世絵を写した油絵を数点制作している。新しいこれらの作品にさらされ、またパリのカフェで芸術家仲間と連夜論争することで、ゴッホの絵画様式は大きく変化した。ここでゴッホは額縁までこだわり、ゴッホは作品が対もしくはひとまわりのものとしてみてもらえることを、狙っていたのである。しかし、活動的なパリの生活スタイルがゴッホの不安定な精神的・肉体的健康をむしばみ、制作量が急激に減少した。そして北方の冬の数ヶ月をいつも嫌っていたゴッホは、もっと

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     有名な画家の一人としてゴッホははずせない。ゴッホが耳を自分で切り落とした話やその自画像、またひまわりの絵は有名である。ここではゴッホの生涯とゴッホが取り上げたテーマについてみていく。
    ゴッホが芸術活動を始めたのは27歳になってからであった。貧しい家の長男として生まれた彼は、16歳になると父方のセント伯父が経営に参加している大手の画廊、グーピル紹介バーグ支店に勤務するようになる。その後ロンドン支店に転勤になり、そこで下宿先の娘に恋をしてしまう。しかし、その娘にはすでに思いを寄せるドイツ人の若者がおり、最初から恋はかなわぬものであった。初恋に傷ついたゴッホはその痛手を癒すすべを知らず、自暴自棄気味になり画廊勤めから落ちこぼれるに身を任せてしまった。いつまでも初恋を引きずっているうちに周囲には時が流れ、気がつくと自分だけがそこから取り残されていた。ゴッホはそれまでのことがうそのように突然さめてそこを去ることがたびたびあった。その後いくつか職を変えるがうまくいかず、そのうちゴッホは聖書を読みふけるようになる。聖職者の道を夢見るようになった彼は、伝道助手の資格をとるという方法を選んだ。しかし、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。
    広告