メス化する自然を読んで

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数730
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    こうして研究チームは、発生途上で強力な合成エストロゲンにさらされることは、三つの重要な変化を起こしうることを明らかにした。第一に、出生時に目で見て判る明らかな構造的変化。第二に、顕微鏡下で分かる遅効性の影響。第三に、ホルモンメッセージの攪乱。(p85l10)
    メス化する自然
    私は高校の時レイチェルカーソンの「沈黙の春」を読んだ。農薬によって鳥たちが死んでゆき沈黙の春を迎えることになるだろうという警告だった。その時農薬は怖いと思ったものの、日本でアメリカのような農薬散布が行われているとも思えないし、きっと私たちには関係ない、大丈夫だろうというのが正直な感想だった。日本にいる我々には実感が薄いのが現状だったのだろう。なにせ、あからさまな農薬――DDT――を見たことも、触れたこともなかったのだから。
    そして、デボラキャドバリーの「メス化する自然」で自然環境のメス化という新たな問題が浮上してきた。高校の資料集にもメス化したワニの写真が掲載されていて、汚染物質の名前もある程度記載されていた。――DDT、ダイオキシン、塩素化合物・・・塩素化合物とは具体的にどんなものだろうか、とは思ったものの、私には関係ないだろうと疑問はそこで自己完結してしまった。今「メス化する自然」を読んで、そんな高校時代には素通りしていた問題を目の当たりにし、問題を全く気にとめなかった自分が恥ずかしかった。地球規模の大問題だというではないか。本当に当初、本当に環境がメス化しているのか、疑いの目を持っていた私も、本文中に登場する世界中の科学者たちの様々な証拠論文を見ては、信じられずにはいられなかった。自然のメス化・・・人類はとんでもないことをしてくれたものである。
    しかもその原因物質が多すぎる!ノニルフェノール、ポリ塩化ビフェニル、ビスフェノールA、フタル酸化合物、その他いくらでもある。更にそれらは我々が日頃目にし、触れているプラスティック製品の中にも含まれているというのだ。急に怖くなった。今まで自分には無関係に思えていた原因物質がこんな近くにあるなんて・・・そんな危険なものを今まで使っていたなんて・・・そしてこれからも使い続けるのだろう。しかし、プラスティック製品は現代生活に必要不可欠なものであるから、全て無くしてしまえとは言わない。でも危険物質を出すと分かっているものはすぐに使用禁止にしてほしい。そんな状況でも、工場側は使用を止めない。工場なんかは危険物質の情報に詳しいはずなのに。なぜ禁止しないのか?工場側の利己主義なのだろうか。確かに原因物質の確定もできていないし、暴露源も分からない、人間に影響が出るかどうかも分からない。だが、もう動物には被害が出ている!ワニ、カメ、サケ、諸々の魚類・爬虫類のメス化、孵らない卵、種の減少・・・人間が平気なら動物はどうなってもいいのか。そんなもの、人間のエゴイズム以外の何者でもない。今まで動物達には世話になってきているし、自然、動物との共存こそ人類の目指すべきものではないのか。近年、動物保護団体や環境保護団体が増えてきているのも、自然環境に対する人間の行為があまりにも酷いものだからだ。ある工場側の言い分では「不確実な証拠」に対する処置は行う必要性が無いと言うのだが。それではその諸々の物質が「確実に」安全だという証拠があるのか、いや、ない。もうこれ以上地球を化学物質に汚染させたくない、心からそう思う。
    さて、動物たちへの影響についての批判を行ってきたのだが、人間に対する影響も正直心配である。欧米では精子数の減少、不妊症の増加、乳がんの増加、前立腺がんの増

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    こうして研究チームは、発生途上で強力な合成エストロゲンにさらされることは、三つの重要な変化を起こしうることを明らかにした。第一に、出生時に目で見て判る明らかな構造的変化。第二に、顕微鏡下で分かる遅効性の影響。第三に、ホルモンメッセージの攪乱。(p85l10)
    メス化する自然
    私は高校の時レイチェルカーソンの「沈黙の春」を読んだ。農薬によって鳥たちが死んでゆき沈黙の春を迎えることになるだろうという警告だった。その時農薬は怖いと思ったものの、日本でアメリカのような農薬散布が行われているとも思えないし、きっと私たちには関係ない、大丈夫だろうというのが正直な感想だった。日本にいる我々には実感が薄いのが現状だったのだろう。なにせ、あからさまな農薬――DDT――を見たことも、触れたこともなかったのだから。
    そして、デボラキャドバリーの「メス化する自然」で自然環境のメス化という新たな問題が浮上してきた。高校の資料集にもメス化したワニの写真が掲載されていて、汚染物質の名前もある程度記載されていた。――DDT、ダイオキシン、塩素化合物・・・塩素化合物とは具体的にどんなものだろうか、とは思ったものの、私に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。