酵素の反応速度論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数4,989
ダウンロード数29
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    酵素の反応速度論
    実験日 7月5日
    目的 α_アミラーゼの活性測定を行い、酵素反応の最大速度(Vmax)とミカエリス定数 (Km)を求める。
    原理
    ミカエリスメンテンの理論 : 酵素の反応速度 (v) と気質濃度 (S) との関係は、まず基質濃度が低いときは、ほぼ直線関係を示し1次反応に従う。次に、これよりも濃度を増やしていくと、増した分だけ速度が得られなくなり、更に増すと、反応速度は最大値に達して基質濃度と無関係に一定となり、0次反応を示すようになる。この0次状態における酵素反応速度を最大速度 (Vmax) と呼び、その半分の速度 (1/2Vmax)を与える基質濃度をミカエリス定数 (Km) という。これは下記の式の関係にある。
    このミカエリスメンテンの式を変形すると、次のような式が得られる。
    この式は、1/vおよび1/[S]を関数として直角座標上にプロットすると、直線が得られ、その直線とXおよびY座標軸との交点から、VmaxとKmを求めることができる。
    実験材料
    1%可溶性デンプン 6ml
    緩衝液 : 0.1M リン酸緩衝液 pH6.0 10ml
    α_アミラーゼ : 2mg/100..

    コメント1件

    kondo 購入
    分かりやすくまとまってる。
    2006/12/16 16:35 (10年前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。