光合成測定と光ストレス

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数858
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    光合成測定と光ストレス
    実験日 7月14日
    目的 正常な植物のPAM蛍光の意味を理解し、光ストレスを受けた植物の蛍光変化を測定する。
    原理
    PAM蛍光分析 : パルス変調された蛍光誘導のための光(measuring beam)、瞬間的にQAをすべて還元し、すべての光化学系IIを閉じるための光(flash)と照射光(actin light)の3種類の光をサンプルに当てる。このうちmeasuring beamによって励起された蛍光を感知して、クロロフィル蛍光を感知する。
    次の図はmeasuring beamによって誘導された蛍光の強度(measuring beam の強度が一定ならば蛍光収率に相当する)の時間変化を見たものである。
    左側の線は、真っ暗なところに置かれた葉のデータである。まず、Measuring beam (Mea.) を当てたときの蛍光の値をFoと呼ぶ。ここでflashを焚くとQAが還元され、蛍光収率が上がる。このときの蛍光の値をFmと呼ぶ。flashが消えると、蛍光収率も元に戻る。
    光子量 : 光の強さは日常生活では照度計で測定される。単位はルックス(lux,lx)である..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。