米国の対外政策について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数682
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    アメリカの対外政策の特徴は、法律家・道徳家的アプローチと振り子現象と単独行動主義である。
    法律家・道徳家的アプローチとは、アメリカが正しいと考えることを他の国にもアメリカの考えを押し付けることである。法律家的とは、基本的に誰にも理解することができる法があり、裏で何か出来ないということだ。道徳的とは、人が行って良い事と悪い事を判断し、自ら損得を考えないで、良い事をすることである。誰も見ていないからといって、悪い事をしないで、厳しく自分自身を律する。
    アメリカ人には、二つの原則があり、それに基づいて行動している。
    そのため、悪い事と判断した場合は、徹底的に攻撃する。例えば、イラク戦争の場合は、大量破壊兵器を保持しているとし、イラクを悪とし、イラク戦争を行った。アメリカの考えで世界も巻き込んだ。自分たちの考えに賛同しない国は、敵国と見なし、徹底的に攻撃をする。では、なぜ法律家・道徳的アプローチをするようになったのか。原因は、アメリカ国家の成り立ちにある。アメリカは、多種族国家である。日本の場合は、言葉も文化も同じなため、改めて日本人であると認識する必要はない。しかし、アメリカのような多種族国..

    コメント1件

    thanksmonica 購入
    最高です
    2007/08/07 11:56 (9年4ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。