健康増進法に関するたばこ問題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数880
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    健康増進法に関するたばこ問題
    近年、健康増進法の施行とともに受動喫煙に対する批判が非常に高まり、国民の関心の集まるところとなっている。これからたばこ対策に関して述べていく。
     たばこの煙には4000種以上の化学物質が含まれ、そのうち60種以上は発がん性物質・発ガン促進物質が含まれている。そのため喫煙により循環器系に対する急性影響がみられるほか、喫煙者では各種がんなど多くの疾患の危険性が増大する。さらに流動煙のほうがより化学物質の数値が高く、非喫煙者が受動喫煙により健康被害を受けることもある。
     たばこ対策に関し総合的なたばこ対策の礎として、事業所などの自主的なたばこ対策の取り組みを促進するため..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。