原子爆弾の投下を日本の指導者が防げたか

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数368
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

                日本外交史・.小レポート
                  
    課題は原子爆弾の投下を日本の指導者が防げたかどうかというものであった。ここでまず、政府というものが何のために存在しているかということを考えなくてはならない。私の考えをのべさせてもらうと、政府というもののも最も重要な存在意義とは国民の生命を守ることである。このことを忘れては政府の存在意義がなくなると私は考えている。戦争にしろ、国家の利益を守ることが国民の生命を守る最も有効な手段であるという形であるからこそ、認められるものだと思っている。このことを第一の前提として私はこのレポートを書いていきたいと思う。
    原子爆弾の投下

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

                日本外交史・.小レポート
                  
    課題は原子爆弾の投下を日本の指導者が防げたかどうかというものであった。ここでまず、政府というものが何のために存在しているかということを考えなくてはならない。私の考えをのべさせてもらうと、政府というもののも最も重要な存在意義とは国民の生命を守ることである。このことを忘れては政府の存在意義がなくなると私は考えている。戦争にしろ、国家の利益を守ることが国民の生命を守る最も有効な手段であるという形であるからこそ、認められるものだと思っている。このことを第一の前提として私はこのレポートを書いていきたいと思う。
    原子爆弾の投下..

    コメント1件

    rinen1982 購入
    よかったです
    2006/12/30 15:41 (10年前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。