カフカ「変身」読書レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数3,211
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    カフカ『変身』 読書レポート
     
    変身は正に特異な物語だ。変身の主題は孤独あるいは拒絶。不条理というテーマも他のカフカの作品同様に見られる。ある朝、グレゴール・ザムザは目覚めると自分が得体の知れない虫のようなグロテスクな生き物になっているのに気付く。この事実にカフカは説明を加えない。冷徹な文章でそれを綴るのみだ。周りの人物も彼のグロテスクさには驚くが、その現象自体は素直に受け入れている。それは、第一の謎と言えるだろう。なぜ、ザムザが虫になることは自然に描かれているのだろう。なぜ、日常茶飯事のようなできごとなのだろうか。そのことはつまり、簡単にいえばその部分は主題でないということだ。問題なのはそ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。