アメリカの文化と言語Ⅱ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数215
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     『UNIT7「Dr. Jack Kevorkian」について日本語で要約した上で、あなたの考えを述べよ。』
    [要約]
    オランダでは、安楽死や尊厳死が合法である。患者は、死が近づいてきたら、医師と患者の家族と(当然のように)相談し、治療をやめるかどうかの選択を行う。苦痛をたびたび最小限にすることができるが、生命を縮めることとなる。
     アメリカのミシガン州の内科医の一人である、ジャック・ケヴォーキアン医師は、“死ぬ権利”についての運動を行った人物としてよく知られている。彼は末期患者がボタンを押すと致死量の一酸化炭素やほかの毒が投与される機械を製造した。1990年から彼は、自分で命を終えようとする人々の手助けを個人的に行い、その数は100人を超えた。この過程は“自殺幇助”と呼ばれ、国内で大きな討論を起こすことなった。
     ケヴォーキアンは尊厳死を行うことによって病気の人々を助け、そして耐えられない痛みを和らげていると話す。しかし、多くの人々は、この視点に反対している。ミシガン州の役員は、彼を“連続殺人者”と呼んでいる。そして、「わずかな間しか生きていられない、耐え難い苦痛の中にいる人々に、彼..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。