臨床心理学2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数386
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「心理療法について述べよ。」
    1.心理療法とは  心理療法とは、行動的な不適応、情緒的津適応、精神的な病気に対する処置で、クライエントの心理的葛藤を解決したり、不安を除去したり、問題行動を軽減し、人格的な発達を援助する方法のことである。したがって、クライエントの症状のみに注目するのではなく、つねに人間全体との関連性を考慮にいれ、クライエントが自分の力で問題解決へと努力してゆくことを援助することといえる。そして、その対象は、統合失調症(精神分裂病)、人格障害、境界例(統合失調症と神経症の中間の症状)、重度の神経症や躁うつ病など、深刻な問題を抱える人である。技法としては、(1)支持法、(2)表現法,(3)洞察法(再構成)、(4)訓練法の4に分類できる。以下にそれぞれの技法について、考察する。 2.心理療法の技法 (1) 支持法  支持法とは、クライエントが遭遇している困難や不安、恐怖などを受容しながら、不適応状態にある彼に力をかすことである。安定をはかろうとする技法の総称をいう。治療のねらいとしては、現存の防衛力(適応力)の強化をしたり、新しくてよりよい適応規制をつくったり、適応的平衡の回..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。