日本と韓国の関係について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数3,203
ダウンロード数23
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    第1章 はじめに
     私が今回の論文のテーマ「日本と韓国について」を書こうと思ったきっかけは4年前に日韓共催で行われたワールドカップがきっかけです。当時、私は中学3年でサッカー部に所属していてテレビで放送された試合は欠かさず見ていました。しかし、ただ単に試合を見るだけで、日韓の関係についてまったくわかっていなく「なぜ共催でやるのか?」などはまったく考えていませんでした。あれから4年がたち、日韓の関係についても徐々にわかるようになってきました。
    第2章は日本と韓国の歴史から入り、考察していく。第3章では日韓ワールドカップでワールドカップ史上初の共催ということでの両国の関係、第4章では大衆文化交流について、そして第5章ではなぜ良好になったかを考えていく。
    第2章 日韓関係はなぜこじれていったのか?
    日韓問題は政治や国民感情等のさまざまな問題が双方の認識や考え方の違いにより発生したものであるが、最近では両国が自国の領土であると主張している竹島(独島)問題などが取り上げられているが、私が考える中で日韓関係をこじらせている問題は大きく分けて教科書(歴史)問題(注1)と首相の靖国神社参拝問題(注2)だと思う。
    まず教科書歴史問題だが、1番最初に問題となったのが81年7月、高校の「現代社会」教科書の検定で、文部省が自衛隊の合法性を明記せよと指示していたことが明らかになったこと。そして翌82年、今度は歴史教科書の検定で、中国や東南アジアへの「侵略」を「進出」や「侵入」に、また朝鮮半島における三・一独立運動での「集会・デモ」を「デモと暴動」などに書き換えさせたことがわかった。これは過去の戦争(侵略戦争)を正当化しているような記述にしたことにより、韓国国民の感情を刺激してしまったことによるものである。[1]また、86年にも高校歴史教科書「新日本史」が問題になる。これは、「近現代史では日本を一方的に加害者と決め付ける書き方はしない」との方針を持つ、「日本を守る国民会議」が著した教科書の合否をめぐる議論であった。疑義は出たものの、最終的には合格となる。韓国政府はこれを外交問題にする態度は見せなかったが、韓国メディアによる強い批判が起こり、日本政府と執筆者側は修正を持って問題の決着を図った。このように教科書歴史問題では当事者国どうしがそれぞれの認識(感情)の違いにより加害者国と被害者国の過去の歴史の解釈の違いが浮き彫りになりこじれさせているものと考えられる。
    続いて靖国神社参拝問題であるが、現首相である小泉総理は靖国参拝の理由として、今日の日本の平和と繁栄が、戦没者の尊い犠牲の上に成り立っているとの強い思いを抱いていること。そして、祖国のために心ならずも戦場に赴き命を落とさなければならなかった方々に対し、心からの哀悼、敬意及び感謝の気持ちを捧げると共に、戦没者が目にすることができなかった今日の日本の平和と繁栄を守ることの重要性を自覚し、不戦の誓いを込めて、総理の職務としてではなく、一人の国民としての立場で靖国神社に参拝している。[2]と発言しているが、韓国国民からすると、靖国神社にはA級戦犯も祀られているため平和を祈るのではなく戦争を始めた当事者に対し参拝しているのではないかとの疑念が強く参拝するたびに首脳外交や会談がキャンセルされてきた経緯がある。ただし靖国神社参拝をするから一国の首相や大臣クラスとの会談や外交は行わないとする近隣国の行いもおかしいのではないかと思う。
    靖国神社参拝に反対であればきちんとしたテーブルについてお互いに意見交換を行ったほうがよりよい関係を作るこ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1章 はじめに
     私が今回の論文のテーマ「日本と韓国について」を書こうと思ったきっかけは4年前に日韓共催で行われたワールドカップがきっかけです。当時、私は中学3年でサッカー部に所属していてテレビで放送された試合は欠かさず見ていました。しかし、ただ単に試合を見るだけで、日韓の関係についてまったくわかっていなく「なぜ共催でやるのか?」などはまったく考えていませんでした。あれから4年がたち、日韓の関係についても徐々にわかるようになってきました。
    第2章は日本と韓国の歴史から入り、考察していく。第3章では日韓ワールドカップでワールドカップ史上初の共催ということでの両国の関係、第4章では大衆文化交流について、そして第5章ではなぜ良好になったかを考えていく。
    第2章 日韓関係はなぜこじれていったのか?
    日韓問題は政治や国民感情等のさまざまな問題が双方の認識や考え方の違いにより発生したものであるが、最近では両国が自国の領土であると主張している竹島(独島)問題などが取り上げられているが、私が考える中で日韓関係をこじらせている問題は大きく分けて教科書(歴史)問題(注1)と首相の靖国神社参拝問題(注2)..

    コメント2件

    rainbowman 購入
    高いし
    2007/01/01 18:17 (9年11ヶ月前)

    nyantyu 購入
    高すぎる気がします。
    2008/12/09 1:12 (8年前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。