知的障害・ダウン症

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数2,946
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <知的障害とダウン症>
    アメリカ精神遅滞学会による定義(2002年)では、「精神遅滞とは、知的な能力に顕著な制限があり、かつ、概念スキル・社会的スキル・実際の適応スキルに顕著な制限がある障害であり、18歳までに発現するもの。」となっている。この定義から、知的症障害とは知的な能力に障害があることだけでなく、同時に社会適応上大きな制限があることを意味している。知的障害や精神遅滞は、発達期に障害が始まり、その後の発達全体に多大な影響を与えるもので、痴呆や中途障害は、知的な能力が通常の平均的な形で発達した後で障害が起き、知的な機能が低下する状態を意味している。
    知的障害は、個別知能検査によって測定された知的機能のレベルを表す知能指数に基づいて、軽度:IQ50~69、中度:IQ35~49、重度:IQ20~34、最重度:IQ20未満の4つのレベルに分類されるのである。
    精神遅滞の原因は出生以前に原因のある「先天性」と、出生時ないし出生後早期に脳髄に何らかの障害(脳細胞の器質的疾患か機能不全)を受けている「後天性」に分けられる。「先天性」は知能を形成する遺伝子の組み合わせの欠陥と考えられる「生理型」..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。