資本主義と社会福祉

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数3,172
ダウンロード数19
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    《社会福祉原論》   資本主義と社会福祉
    〔概要〕
    1節.
    資本主義は、歴史的必然性をもって貧困、生活困難などの社会問題を生み出す。しかし、資本主義の原理と法則から社会福祉は即自的には生み出されない。資本主義においては社会問題が深刻化したからといって即座に社会対策が生み出されるわけではない。では、どのようにして社会問題としての生活問題対策である社会福祉が形成されるのだろうか。社会福祉の対象である貧困問題、生活問題及び社会福祉そのもののと資本主義との関連について述べていく。
     資本主義以前の社会では、生産力の低さと経済外的強制が基本的に貧困、生活難を多数者にもたらした。
    こうした社会体制での貧困、生活難は厳密には社会問題とはいわない。社会問題は、資本主義の産物なのである。社会問題とは、人間は生命・生存を維持するために社会をつくっているが、その社会の構造や維持の仕方と諸個人の生命・生存を維持することが背反し矛盾し、社会の構造が原因となって人々の生命・生存の破壊・危機が及ぼされる問題のことである。社会問題が資本主義に固有の問題だというのは、人間の生存維持に必要な生産諸力を実現し、また経済外的強制を基本的には解消したにもかかわらず、なお労働問題、貧困問題、生活問題が構造的に生み出されていることにある。社会構造や維持の仕方における矛盾の産物として、労働階級にもたらされている労働課程と生活課程における破壊や不安定、危機の諸問題を社会問題というべきであろう。
     次に、資本主義について考える。資本主義とは、賃金労働者と資本の関係を土台に成り立っており、資本は余剰価値の獲得と自らの増殖のために動いており、市場が全面的にわれわれの生活を覆い尽している社会である。資本主義の成立には、次の二つの条件が必要である。ひとつは、封建的な身分的高速から自由で土地など生活手段からも切り離された労働者が大量に存在し、資本が彼らを安価に賃労働者として使用できることである。もうひとつは、資本として投下される貨幣的富が産業資本家に蓄積されることである。この二つの条件によって封建社会に資本主義の生産関係を芽生えさせ、市民革命後も進展した。そして、さらに資本主義の確立に影響を与えたのが産業革命であり、それによって発展を促された機械大工業である。こうして、資本主義的生産様式は全機構的に確立された。
     そもそも、人間の生命・生存の維持にとって最も必要な条件は物の生産である。生産こそが社会の最も基礎的な土台にあるといえる。生産とは、一定の生産諸関係における生産諸力の運動である。しかし、それは固定された土台ではなく、社会の発展そのものを生み出す、歴史的に変化する土台である。生産諸力の発展は、社会的人間の諸勢力間、諸階級間の運動の力を梃子に古い生産関係の没落、新たな生産諸関係の形成という生産諸関係の変革をもたらす。これは社会の発展をとらえる基礎となる把握である。注意しておくべきは、ある社会から次の段階への社会の移行はその社会の衰退とか廃墟のうえにまったく新しい社会が現れるのではなく、その社会の生産力の発展過程つまり上り坂においての次の社会の足がかりや引き継がれ開花させるシステムが生み出されることである。生産力の下降的衰退のうちではなく、上昇的な発展のうちにその社会の没落と新しい社会への変革の原動力が見出されるというのが、科学的な歴史観の示すところである。
     社会とは何かについて考える。人間がどのような関係を結んで生産を行いどれだけの生産力=労働の生産力を実現しているかという経済構造が社会の基礎となって

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    《社会福祉原論》   資本主義と社会福祉
    〔概要〕
    1節.
    資本主義は、歴史的必然性をもって貧困、生活困難などの社会問題を生み出す。しかし、資本主義の原理と法則から社会福祉は即自的には生み出されない。資本主義においては社会問題が深刻化したからといって即座に社会対策が生み出されるわけではない。では、どのようにして社会問題としての生活問題対策である社会福祉が形成されるのだろうか。社会福祉の対象である貧困問題、生活問題及び社会福祉そのもののと資本主義との関連について述べていく。
     資本主義以前の社会では、生産力の低さと経済外的強制が基本的に貧困、生活難を多数者にもたらした。
    こうした社会体制での貧困、生活難は厳密には社会問題とはいわない。社会問題は、資本主義の産物なのである。社会問題とは、人間は生命・生存を維持するために社会をつくっているが、その社会の構造や維持の仕方と諸個人の生命・生存を維持することが背反し矛盾し、社会の構造が原因となって人々の生命・生存の破壊・危機が及ぼされる問題のことである。社会問題が資本主義に固有の問題だというのは、人間の生存維持に必要な生産諸力を実現し、また経済外的..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。