公的扶助論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数320
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    《戦争と社会保障》
    社会保障と戦争は、極めて対立的な関係にあるが、社会保障制度が生み出された背景に戦争があることもまた事実である。
    日本もドイツと同様に戦争政策により失業や貧困という問題を解決しようとしていた。社会保険が国民のためではなく、戦争遂行上の必要から利用されていたなど、私たちの暮らすこの日本もまた戦争国家だったという事実にショックを受けた。さらには、戦争国家の人間観として「生きる価値のある者」と「生きる価値のない者」に人間を二元化してみる傾向があった。そんな国の理念にどれだけ多くの人が犠牲になったのか考えると胸が痛む。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    《戦争と社会保障》
    社会保障と戦争は、極めて対立的な関係にあるが、社会保障制度が生み出された背景に戦争があることもまた事実である。
    日本もドイツと同様に戦争政策により失業や貧困という問題を解決しようとしていた。社会保険が国民のためではなく、戦争遂行上の必要から利用されていたなど、私たちの暮らすこの日本もまた戦争国家だったという事実にショックを受けた。さらには、戦争国家の人間観として「生きる価値のある者」と「生きる価値のない者」に人間を二元化してみる傾向があった。そんな国の理念にどれだけ多くの人が犠牲になったのか考えると胸が痛む。それと同時に、第二次大戦後の国民の戦争国家への反省が現在の日本を人..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。