スピリチュアル

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数777
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    日本宗教社会家族現代人間日本人宇宙生活体験

    代表キーワード

    宗教

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    はじめに
     現代の人間は本当に個人として生きている、それは家族の核家族化や、都会でのマンションなどでの一人暮らし、一軒家に住んでいるからといって隣の家に住人と会話をしたことがないなどということもざらになっている。さらに、家族内においても家庭不和や肉親に対する小さな不満、ひきこもりなどの問題も大きく現れている。
     スピリチュアルとはそんな現代に何を与えようとしているのか。今の日本人はスピリチュアルによって何を得ようとしているのか。『スピリチュアルはなぜ流行るのか』にあげられた歌、「ジュピター」を通して現代の日本人がなにを求めているのか考えていこうと思う。
    現代の日本人と孤独
     「私とは本質的に孤独なもの」
     〈私〉とはなにか、を徹底的に追い求めた末に気付いた真実である。と作者は述べている。
    今、食べることに不自由しなくなり、住む場所があり、生活として何の申し分もなく生きていけるようになった現代はしかし貧しかったころよりも個人を隔離し、閉鎖し、プライバシーという権利をつけて孤独にしてしまっている。『ALWAYS 三丁目の夕日』は私も観たが、その時代をほとんど体験していない私でさえ懐かしいと..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。