ピア・サポートにおける学校生活への活用

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数778
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ピア・サポートにおける学校生活への活用
    はじめに
    現代の子供たちには足りないものがある。それは暖かい人間関係だ。現代の子供たちは少子化や幼児・児童を狙った犯罪などが増え、友達は少なく、また外で遊ぶのも危険といわれ小学校まで車で送り迎えする親もあらわれ登下校の友達との道草もかきにくくなってしまった。
     私も大学に行く途中でそういうものを見かけるが、子供たちはあまり嬉しい顔をしておらず、どことなくかわいそうになってしまう。このような縛られた生活の中で暮らしていくうちにストレスが溜まり、いじめや不登校、学級崩壊に陥ってしまうのではないだろうか。
     私は15この心理技法のうち今の学校に必要なものはピア・サポートであると思った。なぜならピア・サポートは生徒が仲間である生徒を支え励ましあい、お互いを成長させることができるからだ。そして支えあううちに友達もたくさんできるというまさに現代の学校に必要なものが一手に詰まっているすぐれものなのだ。私はこのピア・サポートについて主に小学校と中学校でどのように活用できるか考えていこうと思う。
    仲間づくり
     このピア・サポートの訓練は強制でやるのではなく、学年に関係なくやる気のある子や、各委員会など軽い気持ちで臨むことができるところも利点の一つだ。そして、平成十年十二月に出された新学習指導要領において創設された総合学習の時間を使ってやるとよい。
     ピア・サポートは生徒が生徒をサポートするもの、また、一緒に地域や学校においてよりよい生活を送るためのものである。このような活動の前に必ず必要なものがある。それは活動の楽しさを一緒に共有する仲間だ。ピア・サポートの訓練だっていつも一人で受けていては普段の生活となんら変わらない、つまらないものになってしまう。そうならないためにも、まず取り掛かるべきことは友達を作るための時間なのである。ゲーム、例えばフルーツバスケット、色鬼など皆で一緒に遊ぶことができるものが良い。このゲームをまず行うことによって生徒達は新しい友達ができ、学校生活をおくる上で一番必要なものを手にすることができる。そしてゲームを通して協力し合うことで大きなまとまりである仲間意識を作ることもできる。これを繰り返すことによって一人ひとりが上手に人間関係を作るスキルを身につけることができる。
    話の聞き方伝え方
     次に行われる訓練は、相手に対し自分がどれだけ正確に的確に話を伝えることができるか、また相手がいま何を言いたいのか何を伝えたいのかを明確に判断する能力を身につけることだ。これは仲間をサポートする場合においてとても重要なものになってくる。
     まず二人組みなどになり話をするときの二人の位置関係や姿勢について考える。どの位置に自分がいることによって相手がより話しやすくなるか、しっかりと姿勢をとることによって話しやすさが増すことを知る。そして背中合わせ、つまり相手の顔を見ないで話すことと、向かい合わせで相手の顔を見ることによってどれほど伝えやすさが違うのか行ってみることもよい。
     続いてこれは教育相談の時間でも行われたものであるが、話の聞き方を変えるということをする。相手の話をただ聞くのではなく、どのようにしたら相手は話しやすくなるか、またどのようにしたら話しにくくなるのか試してみる。これは私自身も体験したことなのでよく分かるが、おざなりに聞かれたり反応を示してもらえなかったり話をさえぎられたりすると不安や怒りがわき、話がしにくくなるものである。こういうことを知ることでよりよい話の聞き方ができるようになる。
     他にも今度は話す側

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ピア・サポートにおける学校生活への活用
    はじめに
    現代の子供たちには足りないものがある。それは暖かい人間関係だ。現代の子供たちは少子化や幼児・児童を狙った犯罪などが増え、友達は少なく、また外で遊ぶのも危険といわれ小学校まで車で送り迎えする親もあらわれ登下校の友達との道草もかきにくくなってしまった。
     私も大学に行く途中でそういうものを見かけるが、子供たちはあまり嬉しい顔をしておらず、どことなくかわいそうになってしまう。このような縛られた生活の中で暮らしていくうちにストレスが溜まり、いじめや不登校、学級崩壊に陥ってしまうのではないだろうか。
     私は15この心理技法のうち今の学校に必要なものはピア・サポートであると思った。なぜならピア・サポートは生徒が仲間である生徒を支え励ましあい、お互いを成長させることができるからだ。そして支えあううちに友達もたくさんできるというまさに現代の学校に必要なものが一手に詰まっているすぐれものなのだ。私はこのピア・サポートについて主に小学校と中学校でどのように活用できるか考えていこうと思う。
    仲間づくり
     このピア・サポートの訓練は強制でやるのではなく、学年に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。