哲学概論分冊2

会員2,160円 | 非会員2,592円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数487
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     生の哲学とは狭義には一九世紀後期と二十世紀前期の特にドイツにおいて展開された思潮であり、その指導的な代表者としてはニーチェとディルタイである。また、広義には形式的に硬化された哲学に対し、生を完全な充実と生命性において捉えようとする、哲学のより自由な諸形式を繰り返し主張する反潮流と理解されるものである。今回はディルタイの生の哲学について論じたい。
     ヴィルヘルム・ディルタイは一八三三年に牧師の息子として生まれ、一九一一年にベルリン大学の名誉教授としてこの世を去った。ディルタイは精神科学論および生の哲学者として知られている。
     ハイデガーの言葉を借りると哲学は全て生の哲学であるという。つまりは、人間や生を離れた哲学は人間には存在しない。哲学と生とは内容的には同じであるということになる。生という言葉には、様々な考え方があり、ときには人生を、あるいは生活を、また、生命、人間と色々な風に解釈されるが、結局は一定の方向性を示している。つまりは、人間を全体とし、徹底的に考察しようとすることである。よって、従来の哲学概念がそのまま引き継がれている。しかし、その引き継ぎ方が異なっており、この部分が生の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。