哲学概論分冊1

会員2,160円 | 非会員2,592円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数459
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    自由主義とは個人の自由を尊重し、権力による自由の制限を抑える近代ヨーロッパの思想または態度をいう。近代自由主義の思想は宗教・政治・経済の三つの次元から構成されていると考えられているがここでは、政治面、経済面から近代の自由主義への発展を述べる。
    政治の次元では一七八九年のフランス革命における人権宣言が代表的である。「人は自分の権利に関しては生まれながらにして平等である。あらゆる政治的結社の目的は天賦にして時効にかかることなき人の諸権利の保持にあり、その諸権利とは自由、財産の安全及び圧迫への抵抗のそれである。」に表されている。
    当時のフランスは絶対王政であり、当時の身分制は第一身分が僧侶、第二身分が貴族、第三身分が平民であった。貴族は世襲で、僧侶のうちの上位にある者の殆どが貴族であり、特権階級として第三身分の平民、即ちそのほとんどの農民を搾取していた。僧侶や貴族は税が免除されたが、平民は重税にあえいでいた。一七八九年のルイ16世の時代には国家財政は困窮し、その改善が急務の課題となり、僧侶、貴族、平民の代表による身分別会議(三部会)を招集したが、平民の意見は無視された。そこで平民は、国民会議..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。