情報概論 分冊1

会員2,160円 | 非会員2,592円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数574
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     インターネットの世界は10年前と比較すると急激なスピードで進化を遂げてきた。以前は通信速度も遅く、特定のユーザーの利用が中心であったが、ADSL等の広帯域な領域を利用しての常時高速通信が普及するとインターネットの利用者は急増した。ADSLは電話回線を使用するため、器具の工事を必要とせず、ISPまでのアクセスポイントまでの料金だけなのでその先の通信費はどこまでアクセスしても一定となる。また、同時にIP電話がISPの付加サービスとして普及し始め、ネットワークを利用することにより同様に、距離に関係なく一定の通信費で通話も可能となった。いつでもどこでも必要な情報にアクセスできる、アクセスをシームレスに繋ぐというユキピタスという構想がそこには存在する。
    インターネットではいつでも、どこでも情報の発信、閲覧が可能となるのでより早い時間で情報を得られる。これにより、モノや情報がこれまでより安価にかつ速いスピードで広がり始めた。しかし、多くの人がホームページを作成し、閲覧できるようになると、著作権の問題も生じるようになってきた。文書、画像、動画等全てのものが劣化なく複製が可能となり、公開もできるよう..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。