1960年の日米安全保障条約改定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数2,217
ダウンロード数10
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1960年の日米安全保障条約改定
    目次
    1.はじめに
    2.安保条約改定の意図
    (1)意図
    (2)旧安保条約の問題点
    (3)新安保条約の特徴
    3.改定に至るまでの過程
    4.政府に影響を与えた社会的要因
    5.国会承認以後の動き
    6.外交政策の問題点
    7.改善案・対策
    参考文献
    1.はじめに
    本レポートのテーマは、岸信介内閣による、1960年の日米安全保障条約改定である。
    この条約は、旧安保条約に代わるものとして締結された二国間条約であり、正式名称を『日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約』という。
    この条約は1960年(昭和35年)1月19日にワシントンで署名され、6月19日に国会の承認を受けて、同月23日をもって発効した。内容としては、日米両国の安全保障のため、日本にアメリカ軍(在日米軍)を駐留することなどを定めており、一般に(日米)安保条約・日米新安保などと呼ばれる。本レポートでは新安保条約と呼称する。
    この改定に影響を与えた社会的要因および個人の役割、そして安保改定における日本外交の問題点・改善案について論じていく。
    2.安保条約改定の意図
    (1)意図
    1951年にサ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。