コピー ~ ハビィガーストの発達過程20070209

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数4,509
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ハヴィガーストの発達課題についてのべよ
    ハヴィガーストは、人間が健全で幸福な社会生活を送ろうとするならば、各発達段階に存在する「課題」を達成する必要があるという。また、次々に存在するその課題をスムーズに達成していく   為にも、その課題を習得すべき「適時」があるという。
    それではどんな段階で、どんな課題があるのか代表的なものを述べていく。
    ハヴィガーストはその段階を「幼児期」「児童期」「青年期」「壮年期」「中年期」「老年期」の6つに分けている。
    「幼児期」
    ①歩行の学習 ②話す事の学習 ③固形の食べ物を取る学習 ④排便の仕方の学習 ⑤性の違いを知り、慎む学習 ⑥両親、兄弟、姉妹と情緒的に結びつ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。