ポール・ラングランの生涯教育論の意義と生涯教育の歴史的変遷

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数5,187
ダウンロード数57
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ポール・ラングランの生涯教育論の意義と、
    それ以降の生涯教育の歴史的変遷(ハッチンズ、フォール報告など)を述べよ。
    はじめに「生涯教育」とは1965年に、パリで開催された成人教育推進国際委員会において、ポール・ラングランによってはじめて話された教育理念である。
    ではラングランが生涯教育を推進する理由あげ、そしてその意義を考えたい。
    ラングランは理由を7つにまとめている。
    ①諸変化の加速②人口増加③科学的知識及び、技術体系の進歩④政治的挑戦⑤情報⑥余暇活動⑦生活モデルや諸人間関係の危機
    これらがラングランの述べる理由である。
    今日、世界は様々な分野において変化の激しいものとなっている。幼い頃の世界と、大人になったときの世界とでは、全くの別世界になりつつあるのである。さらに科学的技術の進歩もとどまる事をしらず、10年前には最新であったテクノロジーもすぐに時代遅れとなる。つまり青少年期の学校教育だけでは、生きてはいきにくい世界になってきているのである。常に現代を生きる「現代人」であり続けるためには、時代の変化とともに学び続ける必要があるという事である。それは「ゆりかごから墓場までの学習」と言..

    コメント4件

    kerokerogaer 購入
    参考にさせていただきました。
    2007/03/21 17:13 (9年8ヶ月前)

    ganbare 購入
    参考になりました
    2007/04/14 11:25 (9年8ヶ月前)

    booh 購入
    参考にさせていただきました。
    2007/05/02 1:13 (9年7ヶ月前)

    springs758 購入
    参考にさせていただきました。
    2007/06/15 15:03 (9年6ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。