私にとっての政治思想史

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数333
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    私にとっての政治思想史
    講義でも聴いたように政治思想史という学問分野ははっきりと区切れるようなものではないように思われる。まず政治思想と政治について考えるときでも、政治自体がある思想なのではないかと考えることもできてしまう。さらには、政治哲学と政治思想は違うのか、社会思想と政治思想は違うのか、史とつくことによってどれほど意味が限定されるのか、などと考えると収拾がつかなくなりそうである。よって政治思想史は、範囲があいまいな学問分野、逆に言うと非常に多岐にわたる学問分野と考えることができる。
     今度は政治思想史を、政治の理念から実践の流れの中で考えてみる。政治の最も実践的な分野は政策だが、思想はも..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。