日常生活や社会問題に貢献する実験心理学研究について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数3,090
ダウンロード数42
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日常生活や社会問題に貢献する実験心理学研究について考察せよ。
     実験心理学は、私たちの現実生活とはかけ離れた学問のように思われがちであるが、実際には私たちの現実生活の中で様々な分野に応用されている。現代社会においては、人間の活動が及ぶ全ての領域において、何らかの心理学的問題が起こりうる。これらの問題との関連の中で、実験心理学が将来的に関わりを持つことが予測され、また積極的な取り組みが望まれる。そして、私たちの日常生活での身近な問題ばかりでなく、社会問題の解決のために貢献するものとして、実験心理学は期待されるのである。
     では、具体的に実験心理学はどのような場面で貢献していると言えるのであろうか。実際に行われた実験をもとに考察してみたい。
     ①日常生活に貢献する実験心理学
    日本人は欧米人に比べ、集団圧力に屈しやすい傾向にある。つまり、日本人には自己主張性が乏しく、周囲と同じ意見を持っていたり、行動をしたりすることに対して、自己を主張するということよりも、より安堵感を覚えるという傾向にある。そこで、特に集団圧力に屈しやすい日本人傾向の証明と、その長所、短所を見極め、その解決方法を見出してみたい。
     実験例として取り上げるのは、アメリカの心理学者S・E・アッシュが行った集団圧力に関する実験である。被験者1人とサクラ7人、机を囲むように椅子に座らせる。被験者を最後から2番目に座らせ、皆に1本の線が書かれた1枚のカードを見せる。続いて同じような線が3本(1、2、3と番号がふってある)書いてあるカードを見せる。3本の線はそれぞれ長さが違う。どの線が最初に見せたカードの線と同じ長さであるか、最初に座っているものから順に答えさせた。正解は明らかに2番であった。被験者も正解は2番であると思っていた。しかし、サクラ7人には、間違った答えの1番と解答をしてもらうよう予め指示をした。そして、6人のサクラが答え終わった後に、被験者は1番と答えるのか、2番と答えるのかを調べた実験である。この実験結果は、3分の1の被験者が集団圧力に屈し、周囲の回答に同調したという。
     この実験のように、人間は集団圧力に屈しやすいということが証明された。客観的な見解である線の長さまでも、周囲に同調してしまうのであれば、主観的な事柄や意見などを集団の中で主張することは、さらに困難になってしまうのではないか。学校や会社での周囲の人たちが、「あの人は嫌な人だ。」と言い、いじめが起こったとする。その時、自分自身が「嫌い」と思っていなくても、同調しなくてはいけないような思考に陥るものである。そして次第に、自分自身も「あの人は嫌な人だ。」という気持ちを抱いてしまう。しかし、この感情は錯覚であることが多い。自分自身が「嫌い」という感情を抱いていなくても、周囲の意見に同調しなくてはいけないというプレッシャーが圧し掛かり、虚偽の発言をしたり感情を抱いたりしてしまうことがある。これが集団圧力であり、本当に自分が相手を嫌いであったり、いじめたりしたいという感情があるわけではない。しかし、このような集団圧力によって、多くのいじめが生み出されているのではないだろうか。人々がいじめに関する自分の思考や行動は、集団圧力によって左右されている傾向にあると言うことをもっと理解できれば、日常生活の中で起こっているいじめは減少するのではないだろうか。そこで、上述の心理学実験によって証明された事実を、テレビCMや新聞、雑誌の広告として掲載し、宣伝アピールを行う。そして、このような心因的現象をより多くの人々に理解してもらう。やがて、こ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日常生活や社会問題に貢献する実験心理学研究について考察せよ。
     実験心理学は、私たちの現実生活とはかけ離れた学問のように思われがちであるが、実際には私たちの現実生活の中で様々な分野に応用されている。現代社会においては、人間の活動が及ぶ全ての領域において、何らかの心理学的問題が起こりうる。これらの問題との関連の中で、実験心理学が将来的に関わりを持つことが予測され、また積極的な取り組みが望まれる。そして、私たちの日常生活での身近な問題ばかりでなく、社会問題の解決のために貢献するものとして、実験心理学は期待されるのである。
     では、具体的に実験心理学はどのような場面で貢献していると言えるのであろうか。実際に行われた実験をもとに考察してみたい。
     ①日常生活に貢献する実験心理学
    日本人は欧米人に比べ、集団圧力に屈しやすい傾向にある。つまり、日本人には自己主張性が乏しく、周囲と同じ意見を持っていたり、行動をしたりすることに対して、自己を主張するということよりも、より安堵感を覚えるという傾向にある。そこで、特に集団圧力に屈しやすい日本人傾向の証明と、その長所、短所を見極め、その解決方法を見出してみ..

    コメント1件

    bigcastle732 購入
    参考にします!
    2007/09/23 21:12 (9年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。