人格形成に及ぼす環境要因とその役割について述べよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数25,763
ダウンロード数48
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    人格形成に及ぼす環境要因とその役割について述べよ。
     人間は誰しもそれぞれ個々の「人格」を持っている。「人格」とは、その人の行動や思考の基準であり、それぞれの個人に特徴的な、また一貫し持続性を持った性質である。人格とは、パーソナリティーという用語にて言い換えることができる。また人格という言葉は時に、性格・意志・知能といった意味を含めた全体的な表現の場合に用いられることがある。すなわち心理学的にいう人格とは、人間の持っている気質や行動、思考、基本的な価値観の基準を意味しているのである。
     また心理学者のオールポートは、人間の人格を次のように定義している。「個人のうちにあってその個人に特徴的な行動や思考を規定する、心理的・身体的体系の力動的体制である」すなわち心と体の力がぶつかり合って出てくる作用、そしてこの力動(ダイナミズム)によって生み出される性格が「人格」であるとしている。
     では人格とはどのように形成されていくのか。人格形成の要因として考えられるものは、遺伝的要因と環境的要因とがある。これらの要因に対して、以前から「遺伝か環境か」という議論が心理学においてなされ、研究されてきた。しかし今日では、人格は遺伝的要因と環境的要因が互いに作用し合い、形成されていくという考えが一般的になっている。つまり、遺伝と環境との相互作用によるものであると言える。このことを「相互作用説」という。
     遺伝的要因とは、人間が生まれつき持ち備えたもの、またなかなか変わりにくいもの、すなわち気質である。また、体質的なものも遺伝的要因の一つであると考えられる。環境的要因とは、一般的に言うその人の「性格」である。これは生活の中で付加されていくことが多い。例えば、その人が生まれ育った場所の文化の中で培われていく「習慣的性格」や、社会的地位や兄弟姉妹の出生順位、職業に固有したものによって形成されていく「役割的性格」である。また、本人が持ち備えた人格(気質)に環境要因がプラスされ、人格は生活と共に徐々に形成されていくという考え、「加算的寄与説」もある。また環境とは単に与えられ、影響を受けていくというだけのものではなく、本人の気質に基づいた行動が、特定の環境を生み出していくということも考えられる。さらに与えられた環境が同じものだとしても、影響の受け方は個人の素質によって異なる。また、親が子どもに与える環境は、とても大きな影響力を持つのである。すなわち親の遺伝や伝える環境は、人格形成の相乗効果を持つと言える。
     では、具体的には人格形成に及ぼす環境要因とその役割とはどのようなものなのだろうか。環境要因とは人格を形成する個人を外側から働きかける要因であり、人格形成を考えるときに、自然的・地理的・物理的環境を想定しやすいが、家庭環境や学校環境、文化、社会環境が極めて重要である。
     ではまず家庭環境の役割とはどのようなものがあるのか。大きく分けて三つ挙げられる。①「生理的安全の保障」。生理的な安全の保障とはつまり、衣食住の保障である。②「家族との情緒的な結合を通して子どもの心の安定を図り、心理的な発達を支える」。③「基本的な生活習慣の形成や価値観の伝達」である。基本的な生活習慣の形成とは親の躾である。例えばトイレの仕方や箸の持ち方、着替えの方法等、ごく基本的なことから始まっていくのである。また価値観の伝達の内容は、親の育った文化や家庭環境によって大きく異なり、子どもに与える影響は様々である。
     次に、家庭環境の役割の具体例を考えてみたい。例えば、親の年齢や教育歴、職業、宗教、人生観、価値観、

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    人格形成に及ぼす環境要因とその役割について述べよ。
     人間は誰しもそれぞれ個々の「人格」を持っている。「人格」とは、その人の行動や思考の基準であり、それぞれの個人に特徴的な、また一貫し持続性を持った性質である。人格とは、パーソナリティーという用語にて言い換えることができる。また人格という言葉は時に、性格・意志・知能といった意味を含めた全体的な表現の場合に用いられることがある。すなわち心理学的にいう人格とは、人間の持っている気質や行動、思考、基本的な価値観の基準を意味しているのである。
     また心理学者のオールポートは、人間の人格を次のように定義している。「個人のうちにあってその個人に特徴的な行動や思考を規定する、心理的・身体的体系の力動的体制である」すなわち心と体の力がぶつかり合って出てくる作用、そしてこの力動(ダイナミズム)によって生み出される性格が「人格」であるとしている。
     では人格とはどのように形成されていくのか。人格形成の要因として考えられるものは、遺伝的要因と環境的要因とがある。これらの要因に対して、以前から「遺伝か環境か」という議論が心理学においてなされ、研究されてきた。し..

    コメント2件

    araiarai 購入
    量も多く良かった
    2007/03/23 16:59 (9年8ヶ月前)

    wakabadai 購入
    参考になりました
    2007/05/06 4:42 (9年7ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。