福祉と教育

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数635
ダウンロード数36
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日米の教育制度の差異と真に能力を伸ばす
    教育について述べよ
     歴史や文化の違いによって、教育制度も国によって異なる。ここでは、日本とアメリカを例に挙げて、教育制度の差異と、真に能力を伸ばす教育について述べる。日米の教育制度の大きな違いとして挙げられるのは、大学入試制度である。日本には、日本特有の入試制度がある。それは、受験生がいかに多くの科目知識を理解し、暗記し、入学試験で1点でも多くの点数を取るかが、合否の基準となることである。つまり、日本の入学試験には、面接をすることや、受験生が自分の知識や、意見を発言することはほとんどないのである。ただ、多くの点数を取れば合格が出来る仕組みになっており、個々の持つ長所や短所、潜在能力、個性を見ることは困難なのである。
     では、なぜこのような仕組みが出来上がってしまったのだろうか。それには、歴史的背景が大きく影響している。日本の教育制度が明確化されたのは、明治時代に西洋の制度を参考にして発足したものであった。この頃の教育は、天皇制教育体制であった。すなわち、帝国憲法や教育勅語を子どもたちへ浸透させるためだけのものであった。そして、戦後では急速な経済復興の中で、経済界の教育に対する要求が高まった。高度経済成長のために、均質で勤勉な労働力を大量に確保する必要性が増大した。従って「能力主義」が主張され、苛烈な受験戦争の道が開かれることとなったのである。
    また、大学へ入学することは社会的成功が約束されるという概念があった。企業は、一流大学卒業生ばかりを採用する傾向にあり、さらに一度採用した者に対しては、定年までの職場と給与を保障した。すなわち、良い大学に入学すればするほど、その後の社会的地位が保障されたのである。このように、国を統治するために与えられた教育や、社会的地位、生活の安定を図るための教育など、今現在の日本の教育にはこの面影が残っていると考えられる。
     日本の教育制度は多くの知識を暗記し、皆が均等に知識を高めていくことが最良であるとしてきた。一人ひとりの個性を伸ばすことではなく、皆が同じことを覚え、実行でき、作ることが出来る、ということが日本の教育では重要であった。つまり、自己の意見や発想を持つ機会がなく、もしそれを持ったとしても、それを表現する機会が与えられなかったのである。これを助長するのが、現在でも引き継がれている受験システムや偏差値教育である。
     私自身が実体験した学生生活においても、前述のような教育体制となんら変わりはなかった。教師の独裁のような授業しか経験しなかった。教師の言うとおりに暗記し、テストをクリアし、必要な知識だけを身につけるやり方で、自己の理論を発言する機会もなく、教育界でも重要視されている、創造力や表現力などが豊かにできるはずもない。
     では次に、アメリカの教育制度について考えてみたい。日米の大学入試制度には、大きな差異があると述べたが、では実際にアメリカの入試制度はどのようなものなのだろうか。アメリカの入試制度においては、様々な入試の基準があり、大学側が高校の成績以外の要素を考慮して、合否を決定することが可能なのである。例として挙げられるのは「宇多田ヒカル」である。彼女はアメリカの一流大学へ入学した。彼女はずば抜けて成績が良かったわけではない。彼女が大学へ入学する時は既に、彼女は日本でアーティストとしての絶大な人気を得ていた。大学側はこれを彼女の能力と見なし、学力以外の歌唱力や個性を尊重したのである。このようなことは、日本では考えられないことではないか。
     またアメリカでは、様々な

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日米の教育制度の差異と真に能力を伸ばす
    教育について述べよ
     歴史や文化の違いによって、教育制度も国によって異なる。ここでは、日本とアメリカを例に挙げて、教育制度の差異と、真に能力を伸ばす教育について述べる。日米の教育制度の大きな違いとして挙げられるのは、大学入試制度である。日本には、日本特有の入試制度がある。それは、受験生がいかに多くの科目知識を理解し、暗記し、入学試験で1点でも多くの点数を取るかが、合否の基準となることである。つまり、日本の入学試験には、面接をすることや、受験生が自分の知識や、意見を発言することはほとんどないのである。ただ、多くの点数を取れば合格が出来る仕組みになっており、個々の持つ長所や短所、潜在能力、個性を見ることは困難なのである。
     では、なぜこのような仕組みが出来上がってしまったのだろうか。それには、歴史的背景が大きく影響している。日本の教育制度が明確化されたのは、明治時代に西洋の制度を参考にして発足したものであった。この頃の教育は、天皇制教育体制であった。すなわち、帝国憲法や教育勅語を子どもたちへ浸透させるためだけのものであった。そして、戦後では急速な経済..

    コメント4件

    kaikai2007 購入
    よくまとめられてますので、参考になります
    2007/05/06 22:39 (9年7ヶ月前)

    wakana0815 購入
    値段がgoodですね☆ 参考になりました!
    2007/05/24 10:02 (9年6ヶ月前)

    wakabadai 購入
    参考になりました
    2007/06/13 12:07 (9年6ヶ月前)

    syokora4618 購入
    とても助かりました。ありがとうございました。
    2007/07/02 17:51 (9年5ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。