国際経営〜新興市場・環境問題・直接投資について〜

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数582
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

         国際経営~新興市場、環境問題、直接投資について~
                    <世界の新興成長市場>
    多国籍企業が成長を拡大していく上で、新興市場は重要である。古くはNICs(Newly Industrializing Countries 新興工業国)あるいはNIEs(Newly Industrializing economies 新興工業経済地域)であり、現在ではBRICsが挙げられる。
    BRICsとは、ゴールドマン・サックス証券が提唱したブラジル、ロシア、インド及び中国から構成される国々であり、新興国・市場として大きく注目を浴びている。これらの国々の特徴としては、高い経済成長率を維持し、市場として成長性があり規模も大きく、生産拠点や研究開発拠点としても有望なことが挙げられる。また、インフラ整備のニーズが高く、インフラ市場としても魅力がある。多国籍企業はこれらの成長市場に対して進出を競い合っている。例えば、LGグループは、インド、ブラジル、南アフリカを重点地域と位置づけ、LG電子とLG化学を中心に携帯電話やテレビ、冷蔵庫などの電気製品と石油化学製品の生産能力を増強する。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。