知的財産経営第3回課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数61
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    知的財産経営

    資料紹介

    【東京大学】【優】WBCS(The World Business Council for Sustainable Development )のパテントコモンズは、環境技術に特化したものになっているが、他の技術分野においても、意義のある知的財産権のコモンズがあると思いますか?著作権以外の知的財産権を用いて、あなたが考えるコモンズを提案し、そのコモンズの規約を考えてください。
    そのコモンズへの知財解放者のメリット、知財利用者のメリットについて説明してください。
    参考文献がリンク切れを起こしている可能性がございますので、ご了承の上ご購入ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    知的財産経営 第3回課題
    WBCS(The World Business Council for Sustainable Development )のパテントコモンズは、環境技術に特化したものになっているが、他の技術分野においても、意義のある知的財産権のコモンズがあると思いますか?
    環境技術に関する特許がパテントコモンズに解放される大きな理由は公共性の高さであると考える。環境問題に焦点をあてたものや環境保全にプラスの効果をもたらす製造やビジネスプロセスのイノベーションが含まれ、有害廃棄物発生の削減、もしくは省エネ、節水効果をもたらす製造プロセスに関する特許の開放や燃料消費量削減効果をもたらす購買もしくは物流ソリューションに関する特許の解放などが行われる。つまりパテントコモンズを実施することで、より多くの人の効用が上がる可能性を秘めている。地球規模で関わってくる公共性の高い分野において、他の技術分野においても意義のあるパテントコモンズが存在するのであれば、私はコンピュータ分野ではないかと思う。今日ではコンピュータは私たちの生活にとって欠かせないものとなっており、たくさんの技術が詰め込まれ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。