知的財産経営第1回課題

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数1
閲覧数92
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    【東京大学】【優】仮出願の導入について―知的財産経営―
    参考文献がリンク切れを起こしている可能性がございますので、ご了承の上ご購入ください。

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    仮出願の導入について―知的財産経営―
     仮出願とは後に通常の出願をすることを前提として仮にする出願であり、国内優先権制度とするものある。現在、アメリカで施行されているが、日本ではまだ導入するか検討中である。権利化を図るためには仮出願から12ヶ月以内に通常の出願をするか通常の出願への変更要求をしなければいけない。
     理系として、研究者は国際競争に巻き込まれているという点で早急に論文を発表したい思いがあるが、特許の問題ですぐに発表できないという問題がある。またiPSなどの優れた先端技術であっても、その研究成果は特許にならなければ実用化されないという問題がある。それゆえ仮出願制度が整備されているアメ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。