財務会計最終レポート IFRSと導入の影響

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数201
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【東京大学】【優】IFRSの導入によって今までの決算書は大きく変化する。これまでビジネスマンが常識としてきた決算書では経常利益が消え、特別損失の一部は営業利益に加わってその質が変わり、株式や不動産、年金などの資産の評価で変わる包括利益が導入される。そして損益計算書では具体的には以下の大きな変化があげられる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    財務会計最終レポート
    IFRSと導入の影響
    IFRSの導入によって今までの決算書は大きく変化する。これまでビジネスマンが常識としてきた決算書では経常利益が消え、特別損失の一部は営業利益に加わってその質が変わり、株式や不動産、年金などの資産の評価で変わる包括利益が導入される。そして損益計算書では具体的には以下の大きな変化があげられる。
    経常利益がなくなる。
    営業外収益、営業外費用で事業に関わるものは営業収益・費用になる。
    それ以外は金融収益・費用になる。
    特別利益、特別損失も事業に関わるものは営業収益・費用になる。
    それ以外は金融収益・費用になる。
    収益・費用の概念の変化によって営業利益の性格が変化する。
    包括損益が登場する。
    今回はIFRS導入によって企業の今後の経営計画がどのように変化するか考察してみたいと思う。特に企業が注目する売上高計上基準ではリスクを取らない仲介取引は手数料だけの計上となり、出荷段階で売り上げを計上する出荷基準は厳しくなる。また製品の販売時につける保証も別に計上しなければいけなくなるだろう。例えば、ただでさえ経営難の百貨店は消化仕入れをとっているため、売上高が大..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。