グローバルビジネス第4回課題 資生堂の中国進出

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数735
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    【東京大学】【優】国内ビジネスの状況、グローバル資生堂全体のビジネスの中で中国の位置づけをどう考えるか?欧米と比較して、中国において化粧品ビジネスを展開することのメリット、デメリットはそれぞれ何か?資生堂の中国マーケティングの特徴は何か?4Pそれぞれについてどう考えるか?ターゲットとする顧客と整合的か?中国におけるメガプレーヤー(ロレアル、P&Gなど)と比較して、資生堂の マーケティング戦略の違いは何か?今後ともこの方針を続けるべきか?

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    グローバルビジネス〜資生堂の中国進出〜
    ・  国内ビジネスの状況、グローバル資生堂全体のビジネスの中で中国の位置づけをどう考えるか?
      化粧品ビジネスにおいて国内市場の成熟化と新興国市場の拡大によって、資生堂にとって国際的展開の重要性が高まっている。しかし、欧米市場では日本以上に価格競争が厳しいため苦戦を強いられている。そうした背景の中で、資生堂は「日本をオリジンとし、アジアを代表するグローバルプレーヤー」という方針を打ち出している。つまりアジアでの圧倒的存在感を確立するための土台として中国におけるブランドを盤石なものにしていくと考えられる。その根拠として資生堂は今まで日本人を対象にした化粧..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。