医学物理入門 - ライナックX線治療

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数112
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    医学物理入門

    資料紹介

    【東京大学】【優】今日の日本において放射線治療が重要になってきている背景には死亡者の3分の1ががんによる死亡であるという現状がある。がん患者の急増、がん患者の高齢化は医学的に重要な問題である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『医学物理入門 – ライナックX線治療 上坂充』
               
    今日の日本において放射線治療が重要になってきている背景には死亡者の3分の1ががんによる死亡であるという現状がある。がん患者の急増、がん患者の高齢化は医学的に重要な問題である。とはいっても、放射線治療が昔から存在しているのも事実。では、放射線療法が外科療法、化学療法に比べて、早期がんから末期がんに対して有効であり、局所的な治療を行えるため臓器の機能の欠損が少なく大変有効な治療法であるはずなのになぜ今さらになって放射線治療に注目が向けられているのか。欧米と異なり日本で放射線治療がこれほどまでに低いレベルでしか行われていないのはおそらく、当時の日本での主要な癌が胃癌であったため外科療法の方が優位であり、外科療法の方が必然的に放射線療法よりも優れていると国民全体が錯覚してしまったからである。なおかつ、日本における放射線治療に対する保険診療面で対する評価が極めて低いのが問題であり、日本人の放射線に対する先入観に近い恐怖感が放射線治療の普及を困難にさせている。またこれはあくまでも自分の主観的な考えではあるが、医師が外科療法..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。