分子細胞生物学夏期休暇

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数287
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    課題1
    a.有性生殖と無性生殖の長所と短所を比較しなさい。
    有性生殖生物には雌雄があるので相手を見つけないといけないのに対して、無性生殖生物の方は分裂・出芽・栄養生殖・栄養胞子(遊走子)などによる方法で個体を増やすため、個体を増やすためだけなら有利だが、環境に変化が起きたとき、無性生殖生物は同じような遺伝子の個体ばかりなので、環境に適応できなかったときには種が全滅してしまうかもしれない。有性生殖生物は、雌雄の親からそれぞれ一部の遺伝子を受け継ぎ、それによってどちらの親とは異なる遺伝子を持つことになるので、表面的にも少しずつ異なっていて、様々な個体が生まれるため、より環境に適応した個体が現れる可能性が高い。その個体は、環境に適応している分生き残りやすく、そのような適応した個体が増えていき、種全体を見たときに種が環境に適応した形へと変化していく。また、急激に環境が変化してしまった時に、すでに新しい環境にも適応できるものが出現しているかもしれないという可能性が高いので、子孫を残していくためなら無性生殖生物より有利である。
    【参照図書:総合図説生物(第一学生社)55P】
    b.地球に水が存在した..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。