生きている社会2

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数1
閲覧数88
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

     人は、動物にはないであろう物欲を持つようになって、本来の種の保存より自己の保存をとるようになった。そのため、自己の消滅にあたる「死」をとても恐れ、かつてから死を逃れるため、様々な手段が吟味されてきて、化学、特に医学が発達した。環境の整備、薬、手術など、自然の摂理に逆らった行為により寿命は比較的に延びた。しかし、やはり人間も一生物であり限度がある。また、その医学の進歩により、自分の終わりを知れるようになってしまった。では、そんな時の治療、終末医療は、一秒でも患者が長生きするように努力すべきなのか。ある意味、正しい、それが患者の望むのであれば。しかし、多くの場合、「終末医療」というだけあって、医..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。