知能コンピューティングレポート1添付資料

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数12
閲覧数65
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【東京大学】【優】幅優先探索プログラムソース

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    NodeDataクラス
    キューでデータを扱う際に使う。
    public class NodeData {
    public int x;
    public int y;
    public int num;
    public NodeData(){
    this.x=0;
    this.y=0;
    this.num=0;
    }
    public NodeData(int x,int y,int num){
    this.x=x;
    this.y=y;
    this.num=num;
    }
    }
    MapDataクラス
    マップの移動状況、ヒューリスティック関数の値の保持、マップデータの表示に使う。
    public class MapData {
    public int data[][];
    public Huristic hu[][];
    public MapData() {
    // データの挿入 1:スタート 0:侵入可能 -1:侵入不可
    // スタート(6,10) ゴール(14,7)
    setStart();
    // ヒューリスティックの値を初期化 -1:未到達 -2:到達済み
    hu = new Huristic[34][14];
    for (int..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。