設計学基礎最終レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数175
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【東京大学】【優】1. 科学や工学ではモデルがよく使われる。幾何モデル、剛体モデル、熱伝導モデルなど。これらの科学的・工学的モデルの共通する性質は何か。また科学・工学以外でもモデルは使われる。ファッションモデルと科学的・工学的モデルとの共通性、相違性を述べよ。1. 次の3種類の爪切りの設計をせよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設計学基礎最終レポート
    科学や工学ではモデルがよく使われる。幾何モデル、剛体モデル、熱伝導モデルなど。これらの科学的・工学的モデルの共通する性質は何か。また科学・工学以外でもモデルは使われる。ファッションモデルと科学的・工学的モデルとの共通性、相違性を述べよ。
    まず自然科学においてモデルについて定義する。モデルとは「理論を説明するための簡単で具体的なもの、特に、幾何学的な図形を用いた概念や物体」と定義される。そしてモデルに共通する性質は具体性と近似性である。ある対象物に対してモデルを構築する際には、対象物の特徴をうまく表現するために余分な要素をそぎ落として、必要な要素だけを記述する。そして、現実を忠実には再現できないが、現実をわかりやすく、より具体的に表現してモデルを構築する。例えば、数値計算のモデルにおいても、時間や範囲といった連続的で無限の対象を、離散的で有限個のものに分割して計算を行い近似している。すなわち、対象の特徴をとらえるために近似的なものとして表現しているものが自然科学におけるモデルなのである。
    続いて、ファッションモデルと科学的・工学的モデルとの共通性と相違性について述..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。