設計システムと産業レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数130
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【東京大学】【優】指静脈システムの応用について

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設計システムと産業 レポート課題
     私はこの講義を通じてμチップ、指静脈システム、音声合成に限らず、新技術を普及させる難しさを痛感した。「必要は発明の母である」という言葉があるが、ただ単純に新技術が実現すれば今までの生活が便利になるという理由だけでは科学技術を実社会に還元するのは難しいということである。すでに社会で使われている技術の代替案として、新技術を市場に出すというのは必ず参入障壁があり、経済的・政治的な様々な問題点がある。それらの問題点は一つの専門分野から着眼点で解決できるわけではなく、社会的・技術的・経済的・政治的な幅広い視野を持つ必要性があり、それが私たち知能社会システムコースの学生の使命ではないかと思った。
     私はB1班として、指静脈システムの応用について考えた。どのような活用があるかを考えてみると…
    自宅の鍵、バイト先の打刻、クレジットカードの暗証番号、パソコンのログイン、ホームページでのログイン認証、出入国管理、貸し金庫、指静脈決済、車の鍵、携帯電話のログイン認証、切符代わり、旅行券代わり、保険証代わり
    というように活用方法が考えられたが、これらはいずれも個人を認証する..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。