生産システム工学レポート課題1生産システムの違い12

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数140
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【東京大学】【優】携帯電話 (1)製品の発達の歴史(2)製品の特徴(3)市場規模の変化(4)生産方法(5)将来性

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    課題1 生産システムの違い 12/9提出分
    生産システム工学 レポート課題1 
    生産システムの違い 12/9提出分
    選択した製品:(D)携帯電話
    製品の発達の歴史
      携帯電話は、1949年、トランシーバを基にして、米国セントルイスで150MHzバンドの手動式自動車電話が登場したことで、世界で初めて舞台に登場することとなった。その後、自動車用ではなく、現在のように持ち歩ける携帯電話となるのには多少の時間がかかる。技術的な面で、電波のノイズの問題やバッテリーの問題、また通信速度などの問題により電話機が非常に大型になってしまうため、携帯電話の実現は困難であった。
     1960年代になると、両手で持ちながら会話できる程度の大きさまで小さくすることが可能となった。しかし、まだ重く、実用的なものとは言いがたかった。1970年代になると頑張れば片手で持てる程度の大きさまで縮小することができた。これは1970年に大阪で開催された日本万国博覧会にワイアレスホンとして出展された。この携帯電話は、コードレスフォンとして後に一般家庭に普及することになる。大阪万博では、ワイアレスホンの実演紹介が行われたが、これ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。