信頼性工学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数331
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    課題統計工学定義定量構造

    代表キーワード

    信頼性工学

    資料紹介

    信頼性とJISによると、『既定の条件で規定の期間中、要求された機能を果たすことができる性質』と定義されている…

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    信頼性工学 最終レポート
    課題1
    信頼性とJISによると、『既定の条件で規定の期間中、要求された機能を果たすことができる性
    質』と定義されている。これを定量的に表したものを信頼度が呼ばれ、『既定の条件で規定の期間
    中、要求された機能を果たす確率』と定義されている。
    それらの確率とは、同一の多数の製品が統計的にだれほど要求された機能を果たしているか、
    が直接的な方法によって求められなければならない。しかし、各部品や各構造のミクロな信頼度
    分可能であり、直接求めた信頼度に比べて著しく劣るわけではない。
    信頼性工学における、信頼度を構造物の特性や将来作用すると考えられる荷重の不確実性に
    対す..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。