自然保護論

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数3
閲覧数173
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【東京大学】【優】米国の国立公園と比較して、日本の国立公園の法制度上の違いについて、重要と思われる特徴を2点挙げなさい。日本の国立公園において、自然保護を強化するために必要と考える方策を3点以上挙げなさい。

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    自然保護論レポート課題 テーマ「国立公園」
    (1)米国の国立公園と比較して、日本の国立公園の法制度上の違いについて、重要と思われる特徴を2点挙げなさい。
    日米の国立公園に関する法制度で大きく異なる点に、アメリカの国立公園はすべて連邦政府の所有する国有財産であるという点があげられる。日本の国立公園・国定公園は法律に基づいた地域指定であり、この中には国有林や公有地、民有地などが多くの面積を占めている。つまり土地利用の規制をかけているだけにすぎないのである。アメリカでは連邦政府直轄地であるから、国立公園内では州政府の権限も及ばない。国立公園局が自然、動植物、文化財等の保護と利用のほか、警察・消防などの公共サービス、園内施設の経営管理などさまざまな責任を担っている。またほとんどの国立公園が有料であるという点も日本とは異なっており、ゲートでレンジャーに入園料を支払うしくみになっている。これらの収入は国立公園の維持管理に充てられる。さらに、両国の国立公園にかける国家予算は日本が36億円、アメリカが1900億円と大きく異なり、公園管理を担当する公務員の数も日本が110人、アメリカが9,500人などを..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。