地デジがフジテレビに与える影響の考察

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数134
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    地デジがフジテレビに与える影響の考察

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    地上デジタルテレビジョン放送(通称地デジ)がフジテレビに与える影響の考察
    まず地デジとは、デジタル方式の無線局により行われるテレビジョン放送のことである。2003年12月1日11時より東京、名古屋および大阪の3大都市圏から放送が開始され、2006年12月1日には全ての県庁所在地を含む一部の地域で放送が開始された。放送体制の未整備などにより、受信が不可能な地域も多く存在していることから、2011年までに全ての地域で受信可能にすることを目標に各地の送信所・中継局の整備が進められ、また一部地域では衛星による送信やIP放送といった代替手段を利用することも検討されている。
    国の政策により、現在放送されている地上アナログテレビジョン放送は2011年7月24日までに全国で終了(停波)する。
    →アナログ放送のみに対応している従来型テレビ受像機は、新たにチューナーを導入しなければ一切のテレビ放送が(アナログBSも同年までに放送終了なので)視聴出来なくなりビデオモニターと化す。既存のアナログチューナー付きテレビに追加する地上デジタルチューナー自体が店頭に殆ど並んでいないばかりか、2008年現在では大手メー..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。