シミュレーション工学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数314
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【東京大学】【優】中央食堂における下膳の混雑の解消
    昼の混雑時、中央食堂の下膳の混雑は目に余るものがある。それは、下膳のベルトコンベアの位置が悪かったり、他の行列との接触があったりと、非効率であることが原因ではないかと私は考えている。そこで、効率的に下膳をさばくにはどうしたらいいか、下膳のコンベアの位置や人をシミュレーションすることで、検証してみようと思う。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    シミュレーション工学白山先生分最終課題
    レポートのタイトル
     中央食堂における下膳の混雑の解消
    より具体的に示す
     昼の混雑時、中央食堂の下膳の混雑は目に余るものがある。それは、下膳のベルトコンベアの位置が悪かったり、他の行列との接触があったりと、非効率であることが原因ではないかと私は考えている。そこで、効率的に下膳をさばくにはどうしたらいいか、下膳のコンベアの位置や人をシミュレーションすることで、検証してみようと思う。
    問題点:
    ラーメンの列と下膳の列が近くにあり、接触していること
    下膳のコンベアは2個あるものの、うち1つは奥まったところにあり、2つの利用人数に差があること
    コンベアの速度が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。