システム創成学概論レポ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数282
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【東京大学】【優】極めて複雑化された社会において問題を解決する際に、複雑システムの取り扱いについて。単純システムと複雑システムの相違を理解について。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    システム創成学概論 レポート課題1
    極めて複雑化された社会において問題を解決する際に、複雑システムを理解しなければいけないのはもはや必然である。今日、複雑システムの研究は統合された枠組みにおいて近年の新たな科学の学問分野、多くの学問分野がまたがる分野の究極的なものとして広く認識されている。それらは物理学から人類学に至る様々な分野でなされた進歩に根付いている。私たちを取り巻くシステムの多くは複雑であり、それらの特性を理解しようという目標が全てでないにしろ、少なくとも多くの科学的な研究を動機付けるのである。科学的研究を志す際にはシステムが極めて複雑で多様であるのにもかかわらず普遍的な法則と現象であ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。