オルタナティブインベストメント

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数417
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【東京大学】【優】オルタナティブインベストメントの課題と今後の展望について論じました

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    オルタナティブインベストメント レポート課題
     私はオルタナティブ投資という手法を用いて、金融産業をいかに盛り上げていくかについて述べたいと思う。そのためにはまずオルタナティブ投資のメリットとデメリットについて考え、個人から法人までがどのようにしてその恩恵を被ることができるか考察する。
     まず始めにオルタナティブ投資とは何なのか定義をする。オルタナティブ投資とは、一般に投資信託、譲渡性預金、あるいは株式や債券への直接的な投資以外の投資手法である。これらのオルタナティブ資産には、芸術作品、骨董収集品、伝統工芸品、商品や商品を対象としたファンド、デリバティブ関連商品、為替取引、債券の証券化商品、石油やガス、貴金属、不動産、ヘッジファンド、ベンチャー・キャピタル・インベストメント、プライベート・エクイティー・インベストメント、バイ・アウト・インベストメントなどが含まれる。

     これらの資産の特徴としては、一般的に伝統的な資産との相関性が低く、また高い収益率を実現してきたことである。また伝統的な資産を含めた分散投資を行うことにより、安定的により高い収益率を可能にすると考えられている。この伝統的..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。