芸術と科学院試解答例

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数108
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    歴史科学芸術自然問題人間技術世界理解表現

    代表キーワード

    芸術と科学

    資料紹介

    【合格済み】東京大学大学院学際情報学府入試

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ’09年度 院試過去問
       090715 
    第一問
    ・ポイント
    科学と芸術の関係についての問題。設問の4つの語句がヒントになる。
    自然科学は実験と観察に、芸術は直観と感性に依拠しているため対極にいるように見える(直観・対立)
    歴史的に見ると両者は双方向で補完し合っている(補完)
    自然を理解し表現したいという動機の点で両者は同一である(理解)
    科学の知見が芸術家の感性を揺さぶり美的世界の幅を広げた(理解)
    ・解答例(加瀬作成)
     自然科学は自然から測定可能な量的要素のみを抽出し、論理と観察により法則を見出そうとする営みであり、芸術は直観と感性に基づきイメージを生み出すものである。このように両者..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。