H20第二問情報リテラシーと知識格差

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数1
閲覧数108
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【合格済み】東京大学大学院学際情報学府入試

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    H20第二問 情報リテラシーと知識格差
    (1)
     この膨大なデータ量の中心で、我々は従うべき忠実さや主張や基準を定めねばならない。何故ならば我々はもはやその選択にこれ以上の余地を残したくないからである。好奇心を導くためのアリアドネの糸なしに全ての物事にアクセスできるようになることは、我々を途方に暮れさせるだろう。
    (2)
     ウェブ検索により誰でも情報にアクセスすることが可能となるため、知識が一部の専門家にのみ占有されるという従来の状態から、誰でも知識を持つことができるようになる。このように知の平等化が進むと考えられている。
     しかし著者の意図に基づいて情報が選別されて並べられた書籍とは異なり、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。