H19年第二問進化生物学解答例

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数1
閲覧数93
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【合格済み】東京大学大学院学際情報学府入試

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    H19年 第二問 進化生物学解答例
     賛成である。
     生物の進化は、ウィルソンにより提唱された概念である包括的適応度をより上昇させる形質や行動を示す個体が、より多くの子孫を残して自然選択されることにより生じる。
     人間は直立二足歩行のため骨盤が変形しており、非常に未熟な子を産むため他の哺乳類、特に霊長類の中においてもとりわけ長期間の手厚い保護が必要となる。そのため強固な母子関係を示す個体が子孫を残すことができる。つまり母子関係が包括的適応度を上昇させていると言え、このようにして人間は母子の結び付きをより強いものに発達させてきたと考えられる。
     一方で人間は寿命が長く、記憶力が良く、同一個体との..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。